街コンご法度行為

気になる相手との距離感を縮めるために有効なパーソナルスペース。街コンや婚活パーティーに参加するのが初めてという方も、パーソナルペースを活用すれば、気になる異性と親密な関係が築けるはず♪

ご法度行為を避けるためにも

人には相手との物理的な距離感「パーソナルスペース」が存在します。パーソナルスペースは、異性に対して興味を持つ境界線とも言われます。その境界線に入ることで異性として意識し始め、男女の関係を進展させることに繋がります。またパーソナルスペースは、相手との関係性で距離感が決まると言われています。

例えば、家族や恋人など親しい関係の場合、パーソナルスペースの範囲が狭いため、容易に会話ができ、身体に触れることもできます。しかし、初対面の場合、パーソナルスペースの範囲が広いため、腕や肩に触れるなど急に距離を縮めようとすると相手はビックリするでしょう!相手との距離感を把握することで、マイナスな印象を与えなくて済むはず♪

密接距離
45cm以内
容易に会話でき、身体に触れられる距離。家族や恋人など、ごく親しい相手との距離。
個体距離
45cm〜120cm
相手の表情が分かり、手を伸ばせば触れられる距離。友人や知人など、親しい相手との距離。
社会距離
120cm〜350cm
会話できるが、相手に触れることのない距離。商談や交渉など、ビジネスで用いられる距離。
公共距離
350cm以上
複数の相手が見渡せるが、相手の表情や様子が分からない距離。面会や会談など、公共の場で用いられる距離。

パーソナルスペースの男女の違い

パーソナルスペースは、男女で形や大きさが異なります。もちろん個人差はありますが、男女のパーソナルスペースを把握することで、相手との距離も縮まるのではないでしょうか♪

―男性の場合―

男性は前方のパーソナルスペースが広く、横や後ろは狭いという特徴があります。
横位置など、男性のパーソナルスペースを避けることで、相手も緊張感を持たず接することができ、自然と距離を縮めることができます。またお互いの距離が縮まった時、男性の前方パーソナルスペースに立つことで、男性が自分を女性として意識する確率がグッと上がります!パーソナルスペースを上手く活用し、適度な距離を保つことが大切です♪

―女性の場合―

女性はパーソナルスペースが前後左右一定のため、男性に対しての抵抗感が薄く、気軽にコミュニケーションを図ることができると言われています。女性の場合、対面ではなく横位置が男性との距離を近くに感じると言われますので、気になる相手にアプローチする際は「横位置」をおすすめします♪

過度なスキンシップを避けましょう

―男性の場合―

男性の場合、本能的な衝動でスキンシップを取る傾向があると言われています。
そのため、気になる女性に対して近づきたい、触れたいという気持ちが自然と行動に出てしまうことがあります。初対面で肩に触れる、腕を掴んだりするなどのボディタッチを繰り返してしまうと、相手にマイナスな印象を与えてしまうかもしれません…。女性のパーソナルスペースを把握し、適度なスキンシップを取ることで、心の距離も縮まるのではないでしょうか?

―女性の場合―

女性の場合、コミュニケーションの一つと考えスキンシップを取る傾向があると言われています。同性とのスキンシップや触れ合いが多い女性は、男性に対してもボディタッチが積極的、距離が近いなどの行動が無意識に出てしまい、相手を勘違いさせてしまうかもしれません…。そのため、男性は「誰にでも同じ対応なのでは?」「男性慣れしている感じがする」など警戒心を抱いてしまうので、過度なスキンシップは避け、会話の流れでさりげなく肩や腕に触れるといった自然なスキンシップを心掛けましょう♪

えくるでは、東京・名古屋・大阪など全国各地の街コン・イベント情報を提供しています。愛知駅周辺・金山駅周辺といったような地域別でも探せるので、お住まいに近いエリアでお探しください。イベント初心者の方も大歓迎です♪

条件を変更して検索